ジムに行くメリット7選〜絶対にジムに通いたくなるはず〜

 

こんにちは、せなです。

今回はジムに行くメリットについてお伝えします。

筋トレというと、「自宅で自重トレーニングをする」か、「器具を買いトレーニングをする」か、「ジムでトレーニングをする」かだと思います。

 

その中でも私が一番おすすめしたい、ジムでトレーニングをすることについて今回は触れていきます。

 

この記事を読めば、ジムに行くメリットを知り、ジムに入会したくなること間違いなしです。

 

それではいきましょう。

 

せなって誰?

ルーティン動画を投稿しているYouTuber

・筋トレ大好き

・サウナ大好き

・読書大好き

・自己成長大好き

 

 

<結論>

家トレよりも絶対ジムにお金を払って通うべき!!

 

 

メリット7選

メリットをあげたらきりがないですが、今回は代表的な7つを紹介します。

 

お金を払うことでその分の元手を取ろうと通うようになる

人は基本的に無料だと行動しません。

無料であると現状維持でとどまってしまいます。

 

現状維持こそが衰退の始まりです。

 

しかし、お金を払うとその分できるだけ元手を回収しようと行動するようになります。

その心理を逆手に取ることでジムに行くことが習慣化します。

 

ジムに行けば自ずとモチベーションが高まり、ノリノリでトレーニングを行うことができます。

 

 

トレーニングマシンが豊富

全ての部位を家トレで補うにはそれなりのお金を払い、場所と器具を揃えるしかありません。

 

ジムにはたくさんのトレーニングマシンが置いてあり、基本的に鍛えたい部位の器具は全て揃っています。

 

初心者にとってみればトレーニングマシンが多くあったところで「どこを鍛えたらいいのかわからない」と思います。

しかし、基本的にトレーニングマシンの近くにはそのトレーニング器具の使い方が書かれているので安心して使用することができます。

 

もし、器具の説明が書いていないとしても、店舗スタッフの方に聞いたり、YouTubeで検索すればすぐに出てくるので対して心配することはありません。

 

ただ正直な話、ダンベルさえあればどの部位でも鍛えることができると個人的には思っています。

 

 

目的に合わせたメニューが用意されている

個人の目的によってメニューは変わりますが、基本的なメニュー表が置いてあるジムは多いです。

 

例えば、「体重を落とすためにはこういうメニューを組んだ方がいい」とか、「筋肉をつけるためのメニュー」とか、「女性であれば美しいお尻を作るメニュー」など、本当にたくさんの目的に合わせたメニュー表があります。

 

人に聞くのがあまり得意ではない方でも安心してメニューが組めます。あとはそれをやりながら独自のメニューを組むのがおすすめですね。

 

 

天候関係なしにトレーニングができる

天候関係なしにトレーニングができるのは大きなメリットです。

 

雨の日とかって外に出るのも嫌ですよね。

 

特に、学生時代の部活動に所属している人であればわかると思いますが、雨だと外で練習ができないことがあったと思います。

雨でもやってたよという方に聞きたいですが、「濡れながら運動ってなんか気持ち悪いじゃないですか?」

でも、ジムであれば室内で、気持ちよくトレーニングができます。

 

換気も十分されているのでジメジメ感も感じず、またコロナウイルスの感染症予防もされているのでメチャ安心です。

 

かっこいい筋肉をつけるには出来るだけ、いきたくないと思わせないことが大事になってきます。

 

 

筋トレ仲間が増える

ジムは出会いの場としてもいいと思います。

(ここでいう出会いは男女間の恋愛系とはまた違います。そういう出会いもなくはないと思いますが…)

 

ただ現在はコロナ禍と言うことで話しかけることもなかなかできないです。

 

しかし、ジムに行くことで友達と言うわけでは無いけども、皆同じ目的を持って取り組んでいる「仲間」と言う認識が生まれ、それを励みにトレーニングを頑張ることができます。

 

コロナが落ち着けばもっと話もできて本当の仲間ができるかもしれないですね。

 

 

周りに刺激されモチベーションが上がる

周りが頑張っていることでもっと自分も頑張ろうと刺激されます。

 

それにより、モチベーションが上がり、重たい重量も根性で扱うことができます。

 

1人で頑張ることができないと言う人は「強制的にやる場所を作ることでやるしかない」ので頑張ることができる。

 

例えば隣にすごいマッチがいたとして、ものすごい重量をあげていたら「自分もこんなもんじゃない。もっとやれる」と勝手に脳が認識していつもよりもパワーを発揮できることがある。

 

それが筋肥大につながりかっこいい体の第1歩となります。

 

 

様々な特典がついてくる

ジムによっては、日焼けマシンやプール、サウナが付いているところもあります。

 

個人的にはサウナが大好きなのでサウナがあるところはとても魅力的に感じます。

 

ただその辺はそのジム次第なので自分に合ったところを選ぶのがいいんじゃないかと思います。

 

そういったいろんな特典が付いているジムは月会費が高いと言うイメージがあるが、その分間違いなく価値はあると言えるでしょう。

 

 

デメリット4選

ジムにはデメリットももちろん存在します。

ただデメリットに挙げて良いものかと思うものもありますがご紹介します。

 

 

高重量を扱えないので不安

初心者からすると重たい重量を上げられないので変な目で見られるんじゃないかと不安になることがあると思います。

確かにその気持ちわかります。

 

僕もジムに入会したての頃はベンチプレスで40キロ10回も上がりませんでした。

その傍らで80キロを10回上げる人がいて、勝手に恥ずかしさを感じていました。

 

しかし、ジムに通っている人からするとむしろ、「おぉ、頑張っているな」と応援したくなります。

というか追いつかれないようにこっちももっと頑張ろう頑張ろうと思います。

 

最初のうちは誰もが通る道です。

隣のマッチョもトレーニングを重ねてそれだけの重量がこなせるようになったのです。

 

むしろ伸び代だと考えトレーニング頑張りましょう。

 

 

やりたいトレーニング器具が空いていない

人気のジムや、人が多い時間帯のジムは自分のやりたかった種目のトレーニング器具が空いていないことがあります。

 

そこは譲り合いが必要なので仕方がありません。

 

空いている時間に行く、もしくは器具が空くまで有酸素運動をすることで、解決できると思います。

 

また、ダンベルだけでも各部位を鍛えることができるので、ダンベルだけでもいいよっていう人は基本的に待ち時間はないと思います。

 

 

毎月費用がかかる

毎月の会費、これは仕方がないです。

 

先ほどもあげたように、逆にお金を払うことで元手を取ろうと通い続ける習慣ができる。

それに器具使い放題で、各特典も付いてくるので十分月会費を払う価値はあると思います。

 

また、健康にお金を使うという意味ではとてもいい自己投資だと思いますので、そこはあまり気にしなくていい部分かなと思います。

 

 

トラブルに巻き込まれる可能性がある

人が集まる場所であるので、トラブルの可能性は否定できません。

特に女性の方だともしトラブルに巻き込まれたらどうしようとか考えてしまってちょっと尻込みしてしまうところがあると思います。

 

個人的な意見になってしまいますが、基本的にトレーニーはいい人ばかりだと思います。

譲り合いができたり、器具についた汗を拭く。

そういうことができる人たちが多いので大丈夫でしょう。

 

もしトラブルに巻き込まレそうになったとしても、巡回スタッフがいるので安心してトレーニングできます。

 

 

ジムに行く弊害

これまでに、メリット、デメリットをお伝えしてきて、「よし通ってみよう」と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

この章では、ジムに行く弊害についてお伝えしていきます。

ジムに行く弊害をなくしていくことで、「ジムに行く回数を増やす」ことができ、「かっこいい体や健康的な体と手に入れる」ことができるでしょう。

 

それではみていきましょう。

 

 

営業時間が限られている。

営業時間の関係で「あぁ、今日トレーニングの日だったのに残業で間に合わなかったな」とか「本当は早朝にトレーニングしたかったのに」と思う人がいると思います。

 

ジムによって異なるのですが、営業時間が限られている店舗が本当に多いです。

 

ただ、近年は24時間営業ジムなども数多く存在するのでそちらに行けばいつでも時間に縛られずトレーニングすることができます。

 

 

持ち物を持って歩かないといけない

正直靴やトレーニングウェアを持ち歩くのはめんどくさいですよね。

そういうめんどくささを言い訳にジムに行く頻度が減ってしまう人が多いのが現状です。

 

ただジムには基本的にジムには個人ロッカー等もありますので多少お金を払ってでもめんどくささを小さくすると言う意味では効果的じゃないかなと思います。

 

少しでもめんどくささがあるとジムに通いづらくなる。

そういう意味では、個人ロッカーを契約してしまえば持ち運ぶものがなくなり手軽にかようことができます。

 

 

人の少ない時間がわからない。

初心者の方は人が少ない時間帯っていつかわからないと思います。

 

結論から言ってしまうと、基本的に朝の時間は人が少ない昼間も少ないただ夜は6時から11時ごろまでは多めです。

 

ただしこれは僕の体感だったり、そのジムの年齢層や特徴によって変わってくると思いますので参考程度にしてください。

 

朝に行けば間違いなく人が少ないので、朝に行ってください。笑

 

 

なかなかやる気が起きない

なかなかやる気が出ない時は有名な筋トレYouTuberの動画を見たり、プレワークアウトやカフェインを飲むとモチベーションが上がったり、集中力が増すので良いです。

 

ほかには自分の好きな音楽を聴いてモチベーションを高めるのもよし。

前回の自分のトレーニング記録を見て今日はもっとがんばるぞと思うのもよし。

 

やる気こそが一番大事なので、やる気を置き去りにしないように心がけましょう。

 

 

おすすめのジム

ここまで色々とジムについて語ってきましたが、いよいよジムに通う決心がついてきたのではないでしょうか。

 

最後に悩むことが、「じゃあ、数あるジムの中でどのジムを選べばいいの?」だと思います。

 

ご安心くださいこれを言いたいがためにこの記事を書いたと言っても過言ではありません。

 

結論から言うと一番近場の24時間営業ジムを選ぶといいです。

 

有名どころで言えば、エニタイムやジョイフィットネスですね。

 

近場の24時間営業ジムであれば基本的にどこでもいいと思いますが、しいてあげるなら、エニタイムフィットネスがいいと思います。

理由は24時間営業でかつ店舗数が多く、これからもどんどん拡大が進むと思われますので、めちゃくちゃおすすめです。

 

また個人的に思うのが初心者の方もどんどん入会していると言う感じがするのでまだジムに通ったことがない人でも簡単に馴染むことができるのではないかと思います

1番近場のジムを選ぶことで、行くか行かないかで迷ったときの言い訳をしなくて済むことです。

 

どうしても家から離れたジムになると、時間を言い訳にして通いにくくなります。

 

何度も言っていますが、筋トレで一番大事なことが継続ですので、とにかく通い続けられる環境を自分なりに作りましょう。

 

  • この記事を書いた人

sena

24歳|3年目サラリーマン|筋トレとサウナの情報をメインで発信

-筋トレ

© 2022 senablog Powered by AFFINGER5