筋トレをしようと思っているのにやる気が出ない時の対処法7選【全て僕が効果を実感済みです】

 

こんにちはせなです。

 

今回は「筋トレをしようと思っているのにやる気が出ない時の対処法7選」というテーマで進めていきます。

 

初めに言っておきますが、「かっこいい体を作り上げる」ためには、筋トレを継続する必要があります。

 

しかし、筋トレでやる気が出ないなんてことは誰でも起こり得ることですし、結構な頻度で起こることです。

 

そんなやる気にフォーカスして、筋トレのやる気を保つための対処法をお伝えしていきます。

 

こんな方におすすめ

    • 筋トレを継続したいけど、やる気が出ない時がある人へ(ほぼ全ての人が経験していることだと思う)

 

 

<結論>

プレワークアウトを飲もう!!

 

やる気がなくなる原因

 

まず初めにやる気がなくなる原因を挙げていきます。

 

 

同じメニューばかりのトレーニング

当たり前といえば当たり前ですが、同じメニューだけをこなしていても飽きがきて、やる気の妨げになります。

 

 

トレーニングの準備が面倒

筋トレをするとなると、少なからず準備をするものがあります。トレーニングウェア、シューズ、プロテインなど、、、

 

できれば筋トレの直前に準備するのではなく、前もって準備しておきましょう。

 

 

時間的な問題

時間がないことを理由にジムに行かなくなることもよくある原因の一つです。

 

最初に筋トレというタスクをスケジュールを入れておきましょう。

 

 

なかなか成果が形として現れない

筋トレを始めたらすぐに成果が出ると思っている方も多いです。

 

確かにすぐに成果が出る人もいますが大半の人はなかなか成果が出ません。

 

すぐに成果が出るものだと思ってる方はその分諦めが早いです。

 

コツコツ積み重ねていくことで、少しずつ成果が可視化されていきます。

 

なので、あまり期待せずに継続しましょう。

 

 

こういう原因の対処法は以下の通りです。

 

 

筋トレでやる気ができないときの対処法

 

筋トレをやる目的の再確認

何のために筋トレをしているのかを再確認することで筋トレに対する姿勢が間違いなく変わります。

 

目的・ゴールを初めから定めておけば、「やりたい」「やらなくてはいけない」という感情が生まれて継続しやすいです。

 

僕の場合、「かっこいい体を作りモテたい」「ベンチプレス100キロを上げたい」というのが今のゴールです。

 

目的があるとゴールに一歩でも近づくために休んではいられません。

 

やる気が出ない時は目的を再確認しましょう。

 

もし目的がない人は、どんなことでもいいので、必ず見つけておくことをお勧めします。

 

 

素直に休む

やる気が出ない時は素直に休むことも大事です。

 

僕の場合計画的にこの日は休むと決めています。

 

例えば僕は分割法を実践しており、胸、肩、背中、二頭で日によって分けています。

 

このサイクルを最低でも1週間で回すと決めているので、1週間に3回は休みが取れます。
(楽しくて毎日やってしまうので、休みがないこともしばしば)

 

1週間に3回も休めば疲れも取れますし、各1回ずつトレーニングを盛り込んでいるので、間違いなく前回の自分よりは成長しています。

 

行こうと決めておいて休むと罪悪感がありますが、最初から今日は休むと決めておけば、罪悪感がなく、次のトレーニングのモチベーションも高まります。

 

 

やる気の出る音楽を聴く

よく聞く「やる気を高める方法」として音楽を聴くと言うことが挙げられます。

 

特に自分の好きな音楽であれば気分もノリノリになります。

 

またワークアウト音楽を聴くと不思議と体を動かしたくなると言う気持ちになります。

 

僕の場合、YouTubeで「ワークアウト ヒップホップ」で検索したり、最近はまってるのは格闘家たちの入場曲やEye of the Tigerなどを聞くとめちゃめちゃ気分がぶち上がります。

 

 

無心でジム着に着替える

行く行かないは別としてとりあえずジム着に着替えることも良い方法です。

 

とりあえず着替えてみることで、「せっかく着替えたんだしトレーニングするか」と言う感情が出てきます。

 

こういう時に自分の気合の入るトレーニングウェアを持っているととても心強いです。

 

僕の場合Nikeのタンクトップを着ると、とてもやる気になります。

 

 

プレワークアウトを飲む

プレワークアウトは僕自身、最近使い始めたものですが、今回の内容で1番おすすめのものになります。

 

最初は「なんか体に悪いんじゃないか」とか「やる気になるって絶対嘘だろ」と思っていました。

 

でも実際に使用してみて筋肉系YouTuberたちが言ってる「バチバチにキマります」と言う意味が本当にはよくわかります。

 

カフェインのおかげで集中力があがり、ほかにも筋持久力をあげてもくれる成分も入っているのでトレーニングの強度を上げることができます。

 

筋トレってやっぱり強度をちょっとずつ上げていかないと筋肥大につながらないです。

 

そういう意味でもプレワークアウトは最強です。

 

一応リンク貼っておきます。

 

 

 

 

ジムに行った未来といかなかった未来を想像する

一番初めに紹介した目的の再確認と似ていますが、「ジムに行った未来といかなかった未来を想像する」のもやる気を上げるための一つの手段です。

 

例えば、行った未来を想像すると、「また一歩ゴール(かっこいい体)に近づいた」「これまで上がらなかった重量を更新できた」という未来を想像できます。

 

でも行かなければ現状維持。

むしろ衰退してしまうことになります。

 

どちらかが良いかと言われると答えは明白でしょう。

 

行くか行かないか迷ったら行く

 

これを念頭に置いておきましょう。

 

 

筋トレのハードルを下げる

とにかく筋トレのハードルを下げていただけると本当に継続しやすいです。

 

例えばダイエットをしたい人で言えば、「毎日5キロ走るぞ」と高いハードルを作ってしまう人よりも、「とりあえずランニングウェアに着替えて外を少し歩いてみる」と言う目標を立てると後者の方が継続しやすいでしょう。

 

結局筋トレって毎日継続しないと衰退していってしまうので、「1日だけ頑張るよりも毎日少しだけ頑張る方が確実に成長」していきます。

 

これらが筋トレでやる気が出ない時の対処法です。

 

全て僕がやる気が出ない時に実践して効果的だったものです。

 

自分に合った対処を講じていくことが大事です。

 

何か一つでも実践してみてください。

 

 

  • この記事を書いた人

sena

24歳|2年目サラリーマン|筋トレとサウナの情報をメインで発信

-筋トレ

© 2022 senablog Powered by AFFINGER5