『要約』2勤5休のススメ(ふじさわあつし)

 

 

こんにちは、せーなんです。(@seenan1029)

 

私はこんな人

好きなことをYouTubeで発信中

・筋トレ大好きマン

・サウナスパ健康アドバイザー

・読書家

 

 

本書『2勤5休のススメ』は3ステップで自由な生き方を目指す本です。

 

ほとんどの人が会社から解放されて自由に生きて行きたいと思っていることでしょう。

 

この本では絶対自由になれるとは限らないが、思考停止して会社員として働き続けるよりかは自由になれる確率を上げてくれる方法です。

 

 

1.生活コストを下げる

 

生活コストを下げることで月に最低いくらあれば生活できるのかを知ることができます。

 

もちろん個人の趣味ややりたいことによって生活コストは変わってきますが、できる限り生活コストを下げることをオススメしています。

 

生活コストが下がればその分必要なお金も少なくなり、それだけでも心に余裕が生まれます。

 

 

僕自身、入社時からお金に余裕を持っておきたいと思っていたので、できる限り生活コストを減らしてきました。

というよりも昔からあんまりお金を使わないほうだったのでこの項目はある程度クリアしてます。

 

もし難しいという人でも週に2回飲みに行っていたものを1回に減らすだけで4000〜5000円というお金と2〜3時間が浮きます。

 

 

 

2.週に2日だけ生活のために働く

 

ステップ1で生活コストを下げてきましたが、次にその生活費を週に2日だけ働いて稼ぎましょう。

 

生活費が少なければ少ないほど仕事(アルバイトなど)をする時間が減ります。

 

生活コストをある程度下げたとしても週に2日だけでは足りない場合は3日でもOKです。

 

ここで言いたいのは2日と決めるのではなく、今まで「5勤2休」だった割合を少しずつでも逆転させていこうという話です。

 

 

 

3.残った5日を新しい人生のために全部注ぎ込む

 

ほとんどの人が「5勤2休」で生活しており、もし何かを始めようとしても難しいです。

 

仕事の日は疲労してて集中できなかったり、休みの日でも、平日のための回復期間としてなかなか時間が取れないでしょう。

 

しかし、「2勤5休」にすれば「5勤2休」の人に比べて、単純計算2.5倍の時間があることになります。

また、2日だけ働くので疲れもあまりなく、やる気も有り余ってます。

 

その全てを新しい人生のために注ぎ込むことで成果を出しやすくなります。

 

もちろん絶対に成果が出せるという方法ではありませんが確率的には間違いなく上がります。

 

 

僕自身会社員として働くことに疑問を抱えながら生きているのでこの考え方は参考にしたいと思いました。

 

現時点でやれることを着実にこなし、ある程度の副業収入ができればさらに心に余裕が生まれると思うので、そこからどんどんシフトチェンジしていこうと思いました。

 

 

無理だと思っている人のために改めて順序を話すと、

1.生活コストを下げる(無駄を省きまくる)

2.週に2日だけ、生活のために働く(アルバイトとかでもOK)

3.残った5日を、新しい人生のために全部注ぎ込む。(好きなことや副業にチャレンジ)

 

全てやるのは難しいので、少しずつ割合を変えて行きましょう。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

sena

24歳|3年目サラリーマン|筋トレとサウナの情報をメインで発信

-未分類

© 2022 senablog Powered by AFFINGER5